Sep
18
What is Cricket


クリケットの素晴らしい世界へようこそ。 クリケットは、120カ国以上で親しまれている世界で2番目に人気のあるスポーツです。 子供から大人までのあらゆる人(幅広い年代の人々)が楽しんでいます。 公園や砂浜、そしてストリートでも楽しめます。 この伝統あるスポーツは、16世紀から様々な国や文化を結び付け、感動を与えています。 初めはルールが分かりづらいかもしれませんが、基本が分かれば簡単に楽しめます。 クリケットの試合は、形式によって、3時間、1日、そして、なんと5日間もかかることもあります。 クリケットではローズと呼ばれる基本的なルールは変わりません。 クリケットは芝のグラウンドでプレイされます。 グラウンドの中心には、ピッチと呼ばれる長方形の範囲が特別に整備されます。 プレイの中心はこのピッチで行われます。 試合は2チームで競います。それぞれ1チーム11人で構成されます。 試合には、バット、ボール、そしてスタンプと呼ばれる木の棒が3本必要です。 両チームのキャプテンがコイントスを行い、先攻と後攻を決めます。 9回交互に攻撃を行う野球と違い、基本的には1回ずつしか攻撃は行いません。 試合の目的は、攻撃の間にできるだけ多くの得点を挙げることです。 それぞれのチームが攻撃を行い、得点の多いチームの勝利となります。 重要なポジションは、ボウラー、バッター、そしてフィールダーです。 ボウラーは、緩急をつけたり、ボールにスピンをかけたり、 空中やバウンドするときの変化を使ってバッターを抑えようとします。 フィールダーは、集中力を高め、打球が来た時にすぐに反応できるようにしなければなりません。 トップレベルでは、失点を最小限に抑えるため、フィールダーに高い運動能力が要求されます。 ボウラーがスタンプにボールを当てようとする一方、バッターはスタンプを守るように構えます。 得点するには、バッターは、ボールを打ち、フィールダーが返球する前にピッチの反対側まで走らなければなりません。 返球があるまでは、何度でもピッチを行ったり来たりすることができます。 バッターが1回ピッチの反対側までたどり着くごとにランと呼ばれる得点がワン(1)ラン記録されます。 打球がバウンダリーと呼ばれるグラウンドの境界線を越えれば4ラン記録されます。これは、フォー(4)と呼ばれます。 クリケットで最も高い得点はシックスです。打球がマウンドしないままバウンダリーを超えればシックスとなり、6ラン記録されます。 守備側は、失点を最小限に抑えるため、バッターをできるだけ早くアウトにしなければなりません。 アウトにはいくつかの種類があります… ボウラーの投球が直接スタンプにあたることをボウルドといいます。
32
00:03:49.500 –>00:03:42.999
打球がバウンドする前にキャッチすることをコートといいます。 バッターがピッチの反対側まで走りきる前に返球をスタンプに当てることをランアウトといいます。 バッターはアウトになれば、次のバッターと交代します。 バッターが全員アウトになれば、攻守交代となり、後攻のチームが攻撃を行います。 最も人気の高い試合形式のひとつは、トゥエンティ―トゥエンティ―クリケットと呼ばれる形式です。 この形式は、それぞれの攻撃を最大120球に制限した形式で、比較的短い、エキサイティングな形式です。 120球は6球ごとにオーバーと呼ばれる単位に分けられます。 両チームがそれぞれ20オーバーずつ攻撃します。 攻撃できるオーバー数が制限されているので、バッターは早く、多くの得点を挙げるためにアグレッシブにプレイしなければなりません。 その一方でアウトになるリスクも高まりますので、非常にエキサイティングな展開になります。 トゥエンティ―トゥエンティ―の試合は、それぞれの攻撃が75分ほどで、両チーム合わせても3時間ほどで終わります。 この形式は非常に人気が高く、世界でのクリケットの驚異的な広がりの原動力となっています。試合はお祭り騒ぎとなるのです。 クリケットの世界は無限の楽しみと可能性を持っています。友達にも教えて楽しんでみてはいかがでしょうか?